So-net無料ブログ作成

ねえさんといもうと [読書]

私は姉と自分の2人姉妹で、
それにちなんでか小さい頃家にあった絵本
「ねえさんといもうと」。シャーロットゾロトウの著。
もとろん幼い頃はゾロトウなんて知りませんでしたが、
子供のココロの視線の絵本がうまい作家なのですね。


で、昔家にこの本あったよね・・・という話を姉とすると
必ず出てくるキーワードが
「ひもで妹をつなぐ」と「レモネード」
なのです。

懐かしくなって図書館で探してもらったら

L04B0252.JPG

ありました!
なつかしー!

でこれが例のシーン。

L04B0253.JPG

面倒見のいい「ねえさん」が、「いもうと」が野原で迷子にならないようにしてくれている。
なんとも印象に残ったんですよね。

思えば初めて「外国の暮らし」の描写に触れた絵本だったかもしれません。
だからレモネードも印象的だったんだろうな。
うちじゃ年中麦茶でしたので・・・。



しかし、今読み返すとレモネードはそこまで何度も登場するわけではありませんでした
(^_^;






.
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0